Misha

レース、透け素材、、あれ、春夏?かと思いきやしっかり秋冬 Emilia Wickstead 2017aw

Emilia_Wickstead_Collective_1

世界各地のブランドから2017awやfallコレクションが発表されようやく出揃った今、世間はこれから夏だというのに、業界人のあたまはすっかり秋服モードだ。常に半年、一年先のトレンドを分析しているから、今2017年なのか、2018年なのか、春なのか秋なのか、おかしな時空に迷い込んだかのように混乱したり、はやく次のシーズンの服が着たくて、衣替えがちょっと早め、というのはあるあるかもしれない。

だんだんsee now buy nowやオンタイムでのセールス市場が拡大しつつあるが、まだまだ従来の時間軸が根強く残っているため、色々なシーズンが同じ時期に発表されたりすることがあると、システムを理解しきれていない一般の人たちの間で情報が錯乱してしまうのでは…と少し心配だったりもする。

swarovski collectiveメンバーに関していうと、2017awコレクションが出揃ったところ。ここでは、業界のシステムの云々は一旦置いておいて、純粋に素晴らしいクリスタルコレクションをレポートしていきたい!

Emilia_Wickstead_Collective_6

今日紹介したいのは、ニュージーランド生まれでイギリスベースに活動しているEMILIA WICKSTEADの2017awコレクション。彼女はセントマーチンのデザイン&マーケティングコースを卒業したのち、Giorgio Armaniなどのミラノブランドや、Proenza Schoulerや Narciso Rodriguez、VOGUE NYなどアメリカでも修行を積んだ。とても広い視野を持ったデザイナーだ。

豊富な経験を積み、2008年には自身のブランドを立ち上げる。人の目を引くような、ユニークでモダンなフォーマルウェアに定評があるこのブランドは、ケンブリッジ公爵夫人お気に入りでもあるそうだ。

Emilia_Wickstead_Collective_2

繊細なフリーラルプリント、軽いシルク素材、透け感のあるレース、ハイウエストデニム、、、一見素材やアイテムをみると春夏コレクションなのかな?というくらい、一つ一つを見ると軽やかな印象。でも、レースをベルベットを合わせたり、レイヤードで重みを出したり、ウールコートを入れたり、カラーパレットは爽やかかつフォーマル感、カジュアル感を共同させてコレクションを実現させた。

コレクションに、より深みとおもしろみを加えているレースに縫い付けられたクリスタルやパール。これは、ロシアの劇場コスチュームを参考にしているそうだ。

Emilia Wicksteadの2017ssコレクションはこちらからチェック!

_WIC0123

_WIC0243

Emilia_Wickstead_Collective_4

Emilia_Wickstead_Collective_3