Misha

ジェンダーベンディングなコレクション、元スタイリストがデザイナーをつとめるWanda Nylon2017ss コレクション

スクリーンショット 2017-01-30 18.28.51

“スワロフスキーコレクティブメンバー”のコレクション紹介記事。いつもこのクリスタルブログを読んでくださっている方々にはだいぶおなじみになってきたかと思いますが…本当に全部素敵!みんな若手だけどそれぞれのスタイルによって使うスワロフスキーパーツも、使い方も違うからみていて飽きないし、おもしろい。

11あるコレクティブメンバーの中でも、とくにテクニカルな素材が得意なWanda Nylon。コンテンポラリーなカットやテクスチャーに定評がある。雑誌や映画、ランウェイのトップスタイリストとして活躍していたデザイナーのJohanna Senykは2012年にこのブランドをローンチしたばかりだが、持ち前のセンスと努力で活躍の場をどんどん広げている。本日はWanda Nylon 2017ssコレクションのレポートをお届けします。

スクリーンショット 2017-01-30 18.27.45

耳から垂れ下がる大きな装飾、顔からはみ出るほどのサングラス、きらきら輝く贅沢なハット…どうしてもインパクトのある小物に注目しがちだけれど、写真をみるとハイテクな生地開発にもすごく力を入れていることがわかる。細かいプリーツが折られた伸縮性のある素材や、ハリのあるゴールドやレインボースケルトンの生地、シースルー素材を重ねモアレ効果を狙った生地など、それぞれシルエットに合ったファブリック、ファブリックに合ったシルエットが再現されている。

スクリーンショット 2017-01-30 17.45.12

スクリーンショット 2017-01-30 17.47.40

素材開発によって、コンテンポラリーなコレクションに仕上がっているWanda Nylon。もう一つの特徴は、ジェンダーベンディングな服作り。パンツスタイルやマスキュリンなロングコート、ボーイッシュなストリートスタイルの中に女性らしいドレスやクリスタルの輝きが散りばめられることで、”ジェンダーベンディング”=”ジェンダー”を”たわませる”、”曲げる”ことを可能にしている。

それにしても、バッグステージがすごく楽しそう!モデルたちがノリノリでランウェイに挑んでいることがわかる。これも、若手ブランドならではの雰囲気なのかもしれない。これからJohanna Senykのセンスがどのようにコレクションに投影されていくのか楽しみだ。元スタイリストとしての新しいスタイリング提案も期待したい。

スクリーンショット 2017-01-30 18.28.20

スクリーンショット 2017-01-30 17.44.45スクリーンショット 2017-01-30 18.28.09

スクリーンショット 2017-01-30 18.28.31

スクリーンショット 2017-01-30 17.45.34